HOME >> パッケージデザインの重要性 >> 心をつかむためには

心をつかむためには

img007

世の中は、需要と供給という2つの要素のバランスで成り立っていますので、モノを作ったり、売ったりする側もそしてそれを受け取る側も、それぞれのスタンスで、希望や要望というものを持っています。

モノを作る側は当然ながらそれを売りたいので、買う側の気持ち、いわゆる需要や購入ターゲット層が何を求めているのか、ということを考えます。

また、売る側もすべてを買う側に合わせるのではなく、会社やブランドのイメージや、その会社やブランドがターゲットとしている層というものがありますので、バランスや兼ね合いといったものを考える必要があります。

作りたいものを作り、それがそのまま売れるものになる、というのが一番の理想かもしれませんが、やはりどのような人たちに買ってほしいのか、というコンセプトがしっかりとしていなければ、モノが良くその上で売れる商品を作るということは難しいのかもしれません。

たとえば、商品を入れる段ボールひとつ取っても、高級感を求める人もいれば、実用度の高さを求める人もいますので、ボックスやパッケージ作りひとつを取っても、ニーズを考える必要があります。

売れている段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。