HOME >> パッケージデザインの重要性 >> 売れている理由を考える

売れている理由を考える

img017

自分が定番として使っている日常品などを思い浮かべた時、どうしてその商品を定番として購入し続けているのか、考えてみましょう。

売れている商品、という表現の場合には一時的に、または爆発的に売れれば良いという場合もあるかもしれませんが、やはり定期的に、そして長期的に購入し続けてもらえる商品、そして定番としてロングセラーとなる商品が、売る側としては「良い商品」であると言えるのではないでしょうか。

商品を作る側の人も、普段は購入者であり、消費者であるという側面も持っていたりしますので、やはり「自分」に置き換えて考えてみる、または「相手」の立場に立ってみる、ということが、物事を作る発想を得るために重要なことであると言えるでしょう。

ロングセラーとなった商品には、やはりきちんとした「理由」というものがありますので、自分自身が利用する時のことを考えながら、消費者の目線を忘れないようにして、パッケージデザインを考えるようにしましょう。

売れている段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。