HOME >> パッケージデザインの重要性 >> どんなものなら買いたいか

どんなものなら買いたいか

img011

売れるためのパッケージデザインを考える時には、どうしても「売る」ことを意識して商品開発、包装材料開発をしてしまいがちですが、実際に「売れる」パッケージデザインを考えるためには、自分ならば、どんなパッケージに引かれて買いたいと思うか、という点を重視して考えなくてはいけません。

パッケージというのは、購入する人に対して訴えかけるものがなくてはなりません。

そのためには、あらかじめ購買層、ターゲット層を絞り込み、その層がどんな訴えかけ、メッセージに対して興味を持つのかということを調査する必要があります。

たとえば、たくさんの宅配業者がありますが、トラックや段ボールにプリントされているその会社のロゴマークやパッケージデザインは、わたしたちに「イメージ」と「社名」そして「キャッチフレーズ」の結びつけを行います。

イメージ力はとても大切なものなので「売る」目線ではなく「買う」目線で考えるというスタンスを忘れないようにしましょう。

売れている段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。