HOME >> 段ボールパッケージの背景 >> 段ボールパッケージとデザイン

段ボールパッケージとデザイン

商品をパッケージに入れる場合、そのパッケージにはある程度のデザイン性が求められています。

食品や日用品などを包装する場合、その商品のコンセプトなどを理解し、特性を生かして段ボール箱などのパッケージを考える必要があります。

もちろん、内容物の保護、という大きな目的もあるのですが、それだけでなく、パッケージそのものも商品の一部と考えられていることが多いので、パッケージのデザインが商品の価値を高める、という関係性もあります。

ですから、単に段ボールパッケージだから、というものではなく、商品を収納し、さらに商品の一部としてパッケージは考えられなくてはなりません。

商品の差別化が重要となってくる現代においては、パッケージそのものも商品の一部として価値を高めるためにデザインや素材などにも気を配り、企画、製作されることが求められています。

大きさが要件を満たしており、商品が入ればいい、というものではなく、商品を保護し、梱包・包装しながら付加価値をつける要素になる、ということをしっかりと考慮に入れて考える必要があります。

売れている段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。