HOME >> 段ボールパッケージの背景 >> 構成・印刷や加工

構成・印刷や加工

パッケージの構成として考えておきたいのは、デザインと同時に印刷や加工という側面があります。

デザインするだけでなく、それをどのように実現していくか、という点で無視できないポイントであるということができるでしょう。

同じデザインでも、加工や印刷において違う技術を導入すると、やはり受ける印象はかなり違ってくるといわれています。

それだけに、いろいろな技術を組み合わせ、独自性を引き出すことができるポイントでもあるのです。

商品のパッケージにおいての加工や印刷には、当然求められる側面があります。

それは商品の品質と同時に安全であるということです。

印刷が劣悪で手にインク等がついてしまう、というのはもちろん考えられないことですし、安全性のないパッケージにすることは問題があります。

ですから、印刷や加工においても、パッケージの安全性を確保しながら行う必要があるのです。

デザイン通りの印刷や加工を実現したい、というのは誰もが思うことですが、それと同時に安全なパッケージを目指す必要があります。

売れている段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。