HOME >> 段ボールパッケージの背景 >> 見逃せないリサイクル率

見逃せないリサイクル率

ダンボールと言えば、見逃せないのがその「リサイクル率」です。

あまりにも身近にありすぎる為に、ダンボールがどうやってできているかすら知らない人も多い様ですが。実はダンボールというのは「使い終わった紙」が原料となっています。

「使い終わった紙=故紙」は、リサイクルされて多くのところで使用されますが、ダンボールには特に多く使用されており、その為に「リサイクル=ダンボール」と連想する人がいるほど。

ダンボールは実に七回ほどリサイクルが可能と言われており、「リサイクル」「エコ」が叫ばれる現代社会にとって、非常に画期的な商品なのです。

限られた資源を大切に使うこと、そして地球に優しいエネルギーを使用すること、それが求められている現代に、ダンボールはとても馴染む素材なのです。

近年はダンボールで作られた家具やおもちゃが増加していますが、こういった身の回りのものをダンボールで作ることで、「必要がなくなった時にリサイクルする」と言う使い方をすることができる様になります。

リサイクルの必要性が叫ばれる様になってから、古着屋やリサイクルショップの存在が目立つ様になり、街に置かれているゴミ箱も「プラスチックゴミ」「燃えるゴミ」など分別される様になってきました。

家具など、日常生活に使用するものをダンボールにすれば、使い終わった後に資源ゴミとして捨てるだけでリサイクルされますので、より高いエコ意識を持つことができる様になります。

また、こうしたリサイクルを意識したものの中で生活することで、子供の意識も自然と「リサイクル」に向かう様になります。

子供たちに豊かな自然を残す為に、リサイクルやエコに対する意識を高めるのは本当に大切なことです。

ダンボールのリサイクル率が高いからこそ、こうして色々な形のダンボールアイテムを見ることができるのかもしれませんね。

ダンボールは、あらゆるアイテムの中でも非常にリサイクル率が高くなっています。

その特性を活かした商品が、今後もどんどん増えていくのではないでしょうか。

売れている段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。