HOME >> 段ボールパッケージの背景 >> パッケージの変化でインパクトを

パッケージの変化でインパクトを

パッケージを変化させるメリットの中に、「消費者の新規開拓」と言うものがあります。

どんなに人気商品であっても、時間がたてば人気は落ち着いていくもので、永遠に絶大な人気があると言う商品は一握りです。

選ばれた商品だけが「定番商品」としてスーパーやコンビニの棚に残っていく訳ですが、ここで「新しいお客さんの新規開拓」に利用されるのが「パッケージの変化」と言うことなのです。

人気が落ち着いて、少し売り上げが下がった頃にパッケージを変えると、それに気づいた消費者が「あれ?ちょっとパッケージ変わってる?」ともう一度手に取る可能性があります。

常に小さな変化を与えていくこと、それが消費者をひきつける為に必要なことでもあります。

パッケージを変えるだけでなく、お菓子の味を変えてしまうことも消費者の新規開拓になりますよね。

例えば、マクドナルドは年間を通して限定商品を発表していますが、その限定商品ごとにファンがいて、「この商品が出たらマックに行く」と考えているファンが大勢います。

味を変え、そこに「限定」と言う付加価値をつけることで、消費者の気持ちを惹き付けることに成功した例ではないでしょうか。

ここに「限定パッケージ」と言うサービスをつけることによって、消費者の商品に対する目に益々熱がこもる様になるのです。

パッケージを変えるだけで、消費者にまた違ったインパクトを与えられる......お菓子の「キットカット」も受験の日が近づくと「きっと勝つ」という意味をかけて、パッケージが変わります。

こういう商品は、探してみると本当にたくさんありますので、ぜひ気をつけて探してみて欲しいと思いますね。

年間を通して商品を見てみると、パッケージの小さな変化に気づくことも少なくなく、面白いかもしれませんよ。

現に、探してみると意外にパッケージ変更があった商品が見つかりますし、それで売れる様になった商品も多いです。

パッケージひとつにも、企業の努力が見えるということでしょう。

売れている段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。