HOME >> 段ボールパッケージの背景 >> パッケージで売り上げが決まることも

パッケージで売り上げが決まることも

パッケージがなぜそんなに重要か、それはパッケージひとつで売り上げが変わってしまうこともあるからです。

スーパーで「たまにはちょっと違うお菓子を買いたいな」と思った時、何を参考にして購入するお菓子を決めるでしょうか。

どうやって買うお菓子を決めるか、それはパッケージを見て「美味しそうだな」と思ったら購入するのではないですか。

パッケージを見て、中に何が入っているか解らない様なお菓子は売れませんし、写真があったとしても「美味しくなさそう」と思う様なものなら、手を伸ばそうとは思いません。

パッケージを見て「これ食べてみたいな」と思わせること、「これを試しに食べてみたいな」と手にとってもらうこと、これがとても重要なのです。

人の目につきやすいパッケージにすることで、それだけ商品を手に取る人が増えますし、商品の存在が広がるきっかけになりやすいと言うことになります。

商品を販売する際は、お金を使って大々的なプロモーションを行いますし、スーパーなどの販売店でも積極的に新製品を前に出しますが、やはり消費者が商品を手に取るきっかけと言うのは「手にとりやすいパッケージ」から生まれるのではないでしょうか。

だからこそ、パッケージは「お客さんが手に取りやすい」「たくさん並んでいる商品の中で、インパクトに残りやすいデザイン」にしなくてはいけません。

例えば、商品パッケージに芸能人の写真を使ったとします。

そうすると、その芸能人のファンが商品を購入する様になりますので、商品の新規開拓になりますし、「いつもと違うデザイン」をアピールすることもできます。

最初はパッケージが目当てでも、もしかしたら味が気に入ってリピーターになってくれる可能性もあります。

パッケージを目当てに商品購入をする人を購買層に取り込むこともできるという事ですね。

この様な効果が期待できますので、商品を販売する側もパッケージデザインには手を抜かず、案を練っていくのです。

売れている段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。