HOME >> 段ボールパッケージの背景 >> デザイナーと企業の夢が詰まったパッケージ

デザイナーと企業の夢が詰まったパッケージ

ダンボールには、デザイナーと企業の夢が詰まっています。

たかがダンボールと言う人もいるかもしれませんが、ダンボールに企業の名前や商品名が書いてあることにはきちんとした理由がありますし、その箱がちょっとお洒落なデザインだったら、印象に残りませんか?

そこから企業の名前を覚えたり、商品名を覚えたりすることにも繋がりますので、ダンボールのデザインというのは実に重要なのです。

ほとんどのダンボールパッケージは、企業が商品のロゴを入れてデザインしているものですが、中にはきちんとしたデザイナーにデザインを依頼しているところもあります。

個人でやっているネットショップで使用する発送用のダンボールは、ロゴから色に至るまでこだわって作られていることが多いので、そこに夢やこだわりを見出すこともできます。

個人でデザインを手がけているダンボールだと、それはただのダンボールではなく、人のこだわりや夢がたくさん詰まったものになるのです。

近年は、ダンボールを箱以外の用途に使用する事例も増加しています。

ダンボールで家具を作ったり、子供用のおもちゃを作ったり、その様な用途も増えてきていますので、箱以外のダンボールを見る機会もだんだんと増えてきているのではないでしょうか。

ダンボールが使用される場面が増えているということは、それだけダンボールに対する試行錯誤が行われていると言うことになり、ダンボールに対する注目度が高まっていると言うことにもなります。

地球にある豊かな自然を後世に残す為に、私たちは色々な努力をしていかなければなりません。

エコにもリサイクルにも強いダンボールは、今後もリサイクルの優等生として私たちの生活を支えてくれることでしょう。

より一層の試行錯誤を重ねることにより、ダンボールは今後も色々な形のものが出てくるのではないかと思います。

ダンボールを通して、子供たちにリサイクルやエコの大切さを教えていくことができると良いですよね。

売れている段ボールパッケージへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。